<<04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ったって届くはずが無い!!
正直…リアルに泣きました。

何度か書いてますが明日(土曜日)引き渡しで、その翌日(日曜日)
引っ越しです!

今引っ越し準備も最後の追い込み…
今日は息子の術後の通院日…
揃えなければいけない物もたくさんあるし…。

皆さんのブログにお邪魔出来なくて本当にゴメンなさい。
必ず行くんで今日明日辺り大目に見て下さい、申し訳ないです。
(スミマセン、ホント言い訳です…)

さてさて…待っても待っても届くはずの無い物!

最近旦那は連日のように工務さんに確認と催促をしていました。
昨日の催促メールの内容は

「蓄熱とプリーツスクリーンはいつ付きますか?」

このメールに対して信じられない言葉が返って来ました(電話で…)

木麗な家にはプリーツスクリーンが付きません

ハィ???

「大安心の家は標準でプリーツスクリーンが付きます、ですが木麗な家は
オプションです。」

ちょっと待て!寝言は寝て言え!!!

こんな段階に来て何言ってんだ!!何今さらオプションとか知らないし。

和室の仕様なんて遥か昔に記事に挙げている(記事参照

あの記事からの変更は襖だけでした。
襖は付かない…。と言うのも我が家は洋室仕上げ、工務さんの
勘違いで襖を選ばせてしまったと謝罪があったのでリビングと
一緒の建具へ変更。

扉も無い場所なのでそれは合意しました。

しかし!!プリーツスクリーンが無いなんて事実は
昨日初めて聞かされた事!!

私が電話を受けていたら怒鳴り散らしていたと思います。
冷静な旦那は淡々と聞かされていない事実、今さら言われても困る事を
語りました。

だから作業をちゃっちゃと進めれば良かったんだよ!
余裕こいてギリギリまでやってるからこんな事になんだよ!

当然付けさせます!無償で!
いくら無償でも間に合いません!

工務さんの話では「大至急発注を掛けて、土曜日の便に乗せられる
ようにします」

あのね…日曜日の夕飯は新居で食べるの…。

プリーツスクリーンと決めて建てているから和室の窓には
下地が無い!だからカーテンレールも付けられない。

ビフォーアフターの最後のシーンだよ!
NOカーテン、丸見えの家族団欒シーンだよ!
カメラも無いのにね(笑)

と言う事であんなに完全引き渡しを祈っていたのに
あっさりと願いを打ち砕かれました!

追記です

20時に工務さんから電話があり
「本来のプリーツスクリーンは月曜の午前中になります間に合わせの
プリーツスクリーンを今から付けてきます」との事でした。

旦那にブログの文章があまりにヒドイと注意をされたので
文章若干削除してあります。

個別の返信少々お待ち下さいm(__)m
スポンサーサイト
謝罪…
長文になってしまうかもしれません。すみません…。

本日の打ち合わせ内容は本来なら「電気配線決定」と言う
何の問題も無い打ち合わせでした。

ですが、上棟目前で水廻りのサッシ注文を取り止める事態が
起こりました。
h-1.jpg
画像に載せるまでも無い程当たり前な「一部変更合意書」

普段の打ち合わせの際毎回自ら持って行ってますか?
この合意書を開きながら色々な打ち合わせをしているのでしょうか?
毎回絶対に持って来て下さいと言われてましたか?
サイン・捺印の時1ページ1ページ読み上げながら確認したのでしょうか?

我が家は一切言われていませんでした、「大切にお持ち下さい」と
言われたのでタマから貰う黒いBOXの中で保管していました。
普段の打ち合わせの時も特に持って来いと言われず
営業も工務も私達も今まで話し合って来た手元の資料で
打ち合わせを進めていました。

捺印する時も変更点は無いと言われその場でパラパラめくって
捺印しただけ。

水廻りの窓がおかしくなってるなんて気づきもしませんでした。
どうおかしいって…

トイレの窓は壁一面のバカでかい窓

洗面室の窓はトイレと付け間違えたかと思う程小さな窓

お風呂は洗面室よりさらにサイズが小さく縦開きで通常だと
差額がかかる窓

こんな仕様の窓で決定となっていました。
我が家はこの3室が北側に横並びになっているので外から見ても
おかしくなります。
(普段の打ち合わせではトイレが小さくて、洗面室とお風呂は
同サイズの窓がはまる形になっていました。)

誰が変更したのか?犯人を追及する前に我が家は焦りました。
合意書がおかしくなっている事に気づいたのは数日前…
前回のFIXの時に「窓の発注が~」と言う話だったので
もう完全に間に合わない。

ダメ元で工務さんに「水廻りの窓がおかしくなっている
せめてトイレと洗面室の窓だけでも逆にする事は出来ないか?」
と伺いました。

この時点で工務さんは事態がよく掴めてないらしく逆にする事は
出来るけど何かあったのか?と言う返答。

また前回同様の連絡ミスかと思い、営業さんに連絡を取ってみたところ
営業さんも事態を把握していない様子、話が全然噛み合わない。

その後、工務さんと営業さんとで確認作業があったようで折り返し
工務さんから「大変申し訳ありません、もう一度しっかり打ち合わせを
して窓の事を話し合ってから発注をします。
今の時点での発注を取りやめます23日にしっかり話します」
と返事が来た。

一体何があった?

タマホームに出向くと早速変更がどうのこうの~と話し出して来た。
すかさず旦那が
「変更云々じゃ無い、まずは何がどうなってこんな事になったのか
そこを説明するべきじゃないのか?」
と普段よりも厳しい口調で切り出した。

いつも謝らない我が家の営業さんが
珍しく深々と頭を下げて何度も謝罪し始め…

そして「こんな窓になっているなんて僕も気づきませんでした」
と言った。
図面の下に設計・作図・営業・工務と印鑑を押す欄がある
そこに名を連ねている「作図」の人が独断でやったらしい。

普段顔も合わせないやつのせいにされても了承出来ない。
私が「その人をここに呼んで欲しい」と言おうとしたら

「11月30日付でこの人物はミスが多かったので退職
させられました」と言い放った。

「新人レベルの人物だった」

「普通、施主さんは気づきません、気づいてくれて本当に良かった」

「今、この人物が書いた図面で間違いが無いか手分けして確認作業に
追われているんです、まさかなこママさんの所もなっていたなんて…」

「もっとひどいミスもやっているんです!」

返す言葉が無い…。

もう時間が無いのでとりあえず修正出来る大きさの窓であてはめて
お風呂の窓は工務さんが
「縦開きの方がお風呂は使い勝手がいい」
と言うのでそのままにする事に…

トイレの窓が小さいタイプに修正出来ただけでも良かった…。
トイレのドアを開けたら便器の先は壁いっぱいの窓っておかしいよ…。
防犯も何もあったもんじゃない…
そんな窓へ面格子を付けようとしていた我が家…

変だよ…付ける位なら小さい窓にしろよって
周りから言われちゃう所だった。
採光でも取り入れようとしたの?基本閉め切りの場所でしょうが!!!

FIXの一件が無ければ気づかずに現場で気づいて腰を抜かす所でした…。
(窓のサイズって素人だから図面の数字を見てもピンと来ないんです…)

「我が家だけが合意書を使わずに、打ち合わせをしていたから
こう言う事態になりました」と営業さんは言いました。
(我が家も悪いと言いたかったのかな…)
普通は毎回合意書を開いて打ち合わせを進めて行くそうです。
我が家の場合は合意書の1枚のみ書き換えられ、他の書類には
一切書き換えが無かったため発覚が遅れました。

それならそれでいいけど、もし我が家と同じような打ち合わせスタイル
の方がいたらご注意下さい。
これからの人は毎回照らし合わせた方がいいです。

ちなみに…旦那は
「作図の人って辞めて無いと思う。いると思うよ、口裏合わせたんでしょ」
とまったく信用していませんでした。

契約初期の頃、約款のコピーをつらつら読み上げる人物が皆さんの
打ち合わせの時にも登場したと思います。
その人に全部の罪を被せてタマホームはこの件を終わりにしました。




残土の行方…
着工3日目で山になっていた残土が消えていたので
パパが工務さんに他の質問と共にメールで聞きました。

工務さんからの返信は…

「残土の件は○○(営業さん)に任せています。なこママさん宅には
請求しないようにと言われています」

メールだから仕方ないけど残土に関してはこの一文だけ。

おかしい…。どこかへ持って行ったのなら料金は絶対掛かるはず。
と言うか「請求しないように」と言う事は料金が発生しているのは明らか。
仮に他の現場に撒けたとしたら営業さんから嬉々とした連絡が来るはず…

10日の午前中に現場に行くと作業員さんに会えたので
思い切って聞いてみる事にしました。

残土を巡っての事をかいつまんで話すと…

作業員さん「あぁ~(苦笑)ねー…^^;大丈夫だよ~」
↑もうこの返答の仕方で「何かあったんだ…」と感じてしまいます><

作業員さん「捨てたよ、ちゃんと処理したよ」と言ったので

私 「営業さんが他の広い着工現場に撒くと言っていたのですが…?」

作業員さん「え!?撒く!!ハハハ(乾いた笑い)ムリ、ムリ~!
      ちゃんと営業さんと話が出来てるから心配しなくていいよ」

恐らく…営業さんのゴリ押しがあったのでは無いでしょうか…。
被害を被ったのはもしかして、話をしてくれた作業員さんでは!?
(後から判明したのですが話をしてくれた方社長と呼ばれてました><)

って言うか営業担当さん…無理なら無理とこちらに言ってよ!
「絶対払わないからね!」なんて態度を取った覚えは無いよ…。

第一線で作業する下請けが泣かされるくらいなら施主に頭を下げて
欲しいよ…。

きっと「この施主は払わないとゴネてる!」と言う話し合いが
行われたんだと思う。

ナゼそう思うのか…

うちの営業担当さん、土地の件でも同じような事をやらかしているから…

その時も営業担当の凡ミスだった、なのに土地の不動産屋に

「なこママさんに何とかしてくれ(払わないようにする方法)と言われたと
不動産屋に言ってみます」と言い放った。

担当さんの見積もり漏れで起こった事でしょう!(もちろん口調はもっと
丁寧に旦那が営業さんに言いました)

すると
「じゃ不動産屋に言わないでこちらで何とかします」とその時は言わずに済んだ。

こう言ういきさつがあるから今回の件はどんな話し合いが行われたか
分かったもんじゃない!

きっと営業さんからは残土の件で連絡はこの先も無いだろう…。
(銀行の振り込み日変更も連絡しないし、口座番号さえも旦那が
銀行の人と話し合いの最中にわざわざ電話をして確認を取らなければ
教えないような担当だからね…)

後味が悪く解決されたようです…。
シレっと見積もりに載って来たらそれはそれで一言言いますけどね…

心配して下さった方々本当にありがとうございます。そして有耶無耶で
申し訳ありませんm(__)m

信用…
015 (4)
これは我が家の「コンセント位置決め」の時に
使用した平面図。

左側が我が家に渡された物
右側は工務さんの手元にあった物

その日の話し合いで追加になった箇所を書き留めた後
コピーしてくれた。

そこまでは特に問題無かった…
家に帰って何気無く見直していたら気づいた!

3連FIX窓が縮小されてる

私「3連窓とか小さくしちゃったんだ、いつの間に?何かあったの?」

私は打ち合わせ中、度々子供の相手をして中座してしまうから
てっきりパパの中で何か話し合いがあったんだと思った

パパ「は?何の事?変えてないけど?」

私「え?全部小さくなってるよ?」

慌てて図面を見直してパパが速攻工務さんにメールした。
365×1100が全て260×1100に
2階の1つに至っては260×900にされている。
092.jpg
↑この5つのFIX窓全て

工務さんも知らなかったのか「至急確認します」と返答が来た。

その後工務さんから
「耐震の関係で窓との間に柱が来ます、その柱に窓が1~2センチ
被ってしまうようなので縮小しました。そんなに重要な柱では無いので
縮小が嫌なら、柱を少し削りますがどうしますか?」

問題はそこじゃないでしょ!!

なんで言わない?
なんで勝手に縮小?

私達には少しでも変更があった場合21万支払え
と言う取り決めにサイン・捺印させるくせに、そっちが勝手に縮小する事は
問題無いのかよ!
おまけに一言の報告も無くって。

当然これも納得いかない。

元々日当たりの悪い土地に少しでも多く採光をと一生懸命
考えて取り入れた部分、柱の事は仕方なくても
一言報告は必要でしょう?

すると今度は営業さんから電話が来た。
たらたらと窓の説明をしていたのでパパが
「パースって見る事が出来ますか?」と言うと
「見られます」と言うので

営業所に行くと
「まだ窓を発注していないので、縦に伸ばしますか?
今なら工務が予算を変えずに窓の変更をすると言うのですが…」
と持ちかけて来た。

私にはクレーム回避の手段にしか思えなかった…。

ねぇ?私が気づかなかったらこの件はどうなっていたの?
素人だから分からないだろうと思った?
何食わぬ顔で小さな窓を発注していたの?
「ちっ、気づきやがって!」とでも思っているんじゃない?

横幅は無理との事で260×1300で話が着きました。

この件をこのくらいの事…と思うかどうかは個人差だと
思うけど…連日こんな調子だから疲れてきた…。

今日は(いつも!?)乱暴な文章ですみません…。
プロフィール

なこママ

Author:なこママ
2010年無謀なマイホーム計画を
スタート!色々ありましたが
2011年無事に完成しました。

完成後ものんびり更新は続けるので
これからもよろしくお願いします☆
初めてきた方もよろしくです♪

1980年2月生まれ AB型
紫色LOVE♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
お気に入り
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。